香港上場支援
香港上場支援
I. 香港証券取引所の概況
  1. 2011年9月末時点、香港証券取引所(HKEX)の上場企業数は1,467社である。 そのうち、メインボードには1,301社(銘柄)で、GEM市場(創業板)に166社がある
  2. 現状、中国企業数がHKEX上場企業数の4割を占めるが、毎日平均の市場取引量(Average Daily Equity Turnover)の72%に達し、事実上で「中国企業(中国銘柄)がHKEXの半分を占めている」と言ってもよい。
  3. 2010年末時点、香港新規株式公開(IPO)された銘柄について、
    8割以上が中国大陸の企業(若しくは、中国関連)
    15%が香港本土の企業
    残りの6%がその他地区企業(以下、“海外企業”)からなった。
    特に中国大企業、香港上場の人気は依然として高く、HKEXの“中国化”が深化しつつある。 近年、中国以外の海外企業による香港上場を誘致するため、香港政府を始め香港貿易開発局(HKTDC)と手を組んでHKEXが積極的にマーケティングを促進している。例えば、資源豊富かつ資金調達のニーズを持っているロシア、モンゴル、オーストラリア、等の国に注力している。目的は、HKEXのブランドイメージを国際化し、多様な銘柄ポートフォリオをもつような取引所に変身すること。

    表1:主要な証券取引所の数字比較

    主要な証券取引所の数字比較
    出典:WFE
II. 香港IPOの概況
  1. 2011年9月末現在、HKEXにIPOを完成した上場企業数は58社である。 うち、メインボードには50社(銘柄)で、GEM市場(創業板)に8社があった。
  2. 2011年9月末時点、HKEXで新規公募(IPO)による資金調達が総額HK$1,9343億に達し、深圳証券取引所(第2位)、NYSEを抜いて世界の第1位となっている。
  3. 香港のIPOラッシュは、6月(14件)と7月(18件)の大盛況であったが、欧州債務危機のためで市況が急に悪化して、8月においてIPO件数がゼロまで落ち込んだ。 9月中旬になって6件のIPOを遂げて少し回復してきた。
  4. 2009年に香港IPOの資金調達額がHK$2,479億(約US$317.8億)に達し、世界一となった。2010年に、超大型IPO(例えば、中国農業銀行=約US$119.9億、 AIAグループ=US$203.9億、等)が香港IPOを支え、2年連続の世界一を遂げた。

    表2:香港証券取引所のIPO調達金額の推移

    香港証券取引所のIPO調達金額の推移

    *注:9月末まで、2011年にGEMからメインボードへ昇格した銘柄は10社あった。

  5. 2011年9月末現在、公表された香港IPOの準備をしている会社は約250社がある。 上海証券取引所の「国際板」が年内に実現するという競争があっても、香港はそれ自身の優位性を保ち、“香港IPO熱”があと5年くらい続くとの見方が強い。
  6. 「中国農業銀行」や「AIAグループ」のような超大型IPOに勝てる案件(銘柄)が 恐らく減っていくことを予測するが、2011年後半以降のHKEXのIPOトレンド: 1)国際ブランドの香港IPOが増勢(例えば、噂では「フェラーリ」も香港!); 2)BRICS諸国をはじめ新興経済の大企業(特に資源大手)が香港IPOを選ぶ; 3)中国の巨大国営企業のIPO勢いはほぼ終わって、次の波として“準大手”の   保険・金融系を始め、中国国内のインフラ・公用事業系(例えば、京沪鉄道、   寧波港など)が中国資本のIPO勢いを支える; 4)中国若しくは香港で事業展開している飲食グループのIPOが増勢。

過去1~2年に話題となったIPO

過去1~2年に話題となったIPO
III. 香港IPOの特徴・特色 ~ 活発な資本市場
過去10年のIPO調達額の比較~日本VS中国
国際ビジネス都市
資本の流入・流出に規制なし
低税率しかも簡素な税制、規制の少なさ、法規の整備、行政の透明性
欧米資本にとって香港は「中国の玄関」(地理的な優位性)
3,580社の地域統括本部/地域本部
2011年のIMD競争力ランキングNO.1
アジアの地域金融センター
「紐倫港」(NewLonKong)との位置付け
アジアで2位、世界6位の株式市場(時価総額ベース)
世界100大銀行のうち69行の拠点
世界6位の外為センター
人民元決済のオフショア・マーケット(香港での人民元建て預金は今年末に1兆元へ)
世界で2番目に大きなVCファンド・センター
2010年9月末時点、ヘッジファンドの会社数=538社(ポートフォリオ資産合計=US$632億)
国際化した証券取引所
多様な投資家基盤(外資による取引額>46%、内外機関投資家>6割)
2009年よりIPO資金調達額が世界NO.1
大型IPOが続々(大型資金調達の消化力)
中国資本の「走出去!」
取引所の競争と上場ルールの規制緩和
HDRなど重複上場が認められる
人民元建ての株式公開が年内に実現
活発なデリバティブ取引(1日当たり取引額=約US$13.8億。株式の1日当たり取引額の15%強)
VI. 香港IPOの申請手続及びその流れ

上場企画からスタートしてから、通常1.5~2年 が必要とされる。
ある程度の準備が出来ている場合、最短でも9カ月程度かかる。
(もちろん、最短で上場手続を終えたい場合、上場費用がもっとかかる)

香港IPOの申請手続及びその流れ
上場所要時間及び作業項目 - 標準スケジュール
V. 香港証券取引所(HKEX)の上場基準
  メインボード GEM
1)財務基準
  • 利益基準
    上場直近3年間の純利益合計≧HK$50百万(US$6.4百万)
  • 時価総額/売上高基準
    ①上場時の時価総額≧HK$40億(US$513百万)
    ②直近事業年度の売上高≧HK$5億(US$64百万)
  • 時価総額/売上高/キャッシュフロー基準
    ①上場時の時価総額≧HK$20億(US$256百万)
    ①上場時の時価総額≧HK$20億(US$256百万)
    ③過去3年間の営業キャッシュフロー合計≧HK$1億(US$13百万)
  • *上記基準のいずれかを充足する必要。

過去2年間の営業キャッシュフロー合計≧HK$20百万(約US$2.56百万)
2)会社運営
3年以上(時価総額/売上高基準を適用する場合には、3年未満の営業実績でも可)
同一の経営陣
直近事業年度について、同一株主
2年以上の経営実績を有する
2年間以上、同一の経営陣
直近事業年度について、同一の株主
(新規プロジェクト会社或いは天然資源開発会社の場合、この限りではない)
3)最低時価総額 HK$200百万(約US$25.6百万) HK$100百万(約US$12.8百万)
4)資産の質的要求 発起人もしくはそのグループ(投資会社以外の企業)は、資産の全部もしくは大半が現金・換金しやすい証券の形になっていけない。(証券業務などの業種は除外)
5)株式分散
上場後、株主数が300名以上を有する。(利益基準、時価総額/売上高基準のいずれかを満足する場合)
上場後、株主数が1,000人以上を有する。(時価総額/売上高/キャッシュフロー基準の場合)
発行済み株式総数の25%以上が市場で流通している必要がある。
上場時における上位3名の株主の持分比率が50%以下であること。
上場後、株主数が100名以上。
発行済み株式総数の25%以上が市場で流通している必要がある。
上場時における上位3名の株主の持分比率が50%以下であること。
(新規プロジェクト会社或いは天然資源開発会社の場合、この限りではない)
6)事業目的 事業計画書(Future Plan)や展望(Prospects)を含む申請書類に要求される。 全般の事業目的(Business Objective)や上場以降2年間の財務計画の提出が必要。
7)企業国籍(IPO発行体) 国籍(業務中心)を問わず。

*但し、投資者保護に関する国際標準或いは香港取引所のListing Rulesの条件 (特にChapter 19)を  満たさなければならない。
*Listing RulesのChapter 19:海外法人格を持つ会社が香港上場を申請する場合、その会社設立場所の  会社法(定款、株主の責任)やコーポレート・ガバナンスや投資者保護に関する法規・制度が香港基準  に等しいこと。
*公認設立場所:香港、バミューダ、ケイマン諸島、中華人民共和国、など。

8)証券の種類 普通株(株式と預託証券) 普通株(株式のみ)
9)重複上場 重複上場は可能、プライマリー上場とセカンダリー上場では異なる要件が設定されている。 重複上場は可能、しかしセカンダリー上場は認められない。
10)会計基準 香港会計法若しくは国際会計法(IFRS)に基づく会計基準。

*米国会計基準(USGAAP)またはそれに同等した会計  基準の適用につき、香港証券取引所の認可が必要。

香港会計法、国際会計基準(IFRS)、米国会計基準(USGAAP)が適用。
VI. 香港上場している日系企業・日本企業の事例

① 香港上場している日系企業(香港法人)

香港上場している日系企業(香港法人)

最近香港上場を成功した日本企業の事例 - SBIホールディングス株式会社

最近香港上場を成功した日本企業の事例 - SBIホールディングス株式会社